平板載荷試験をするなら専門業者に任せよう

婦人

コスト削減したいなら

ヘルメットを持つ作業員

既存の地盤調査資料を調べる

一般的な住居を建てる場合でも地盤調査は不可欠です。しかし、コストの面でどうしても調査を行いたくない場合に何か工夫や方法はあるのでしょうか。これは、既存の地盤調査資料を調べるという方法があります。または周辺の調査資料でもいいでしょう。建物を建てようとする土地に、初めて設計する場合は地盤調査資料はありませんが、多くの場合、元々建物が建っています。その場合は、必ず地盤調査を行っているので、既存の資料を取り寄せて設計を行えばよいです。また、初めてその土地に設計する場合でも周辺に建設されている調査データを利用することも可能です。建物を建設するときに、設計者や住宅メーカーに、コスト面で調査はやりたくない旨を伝えましょう。

過去の資料と平板載荷試験を組み合わせる

以上のように、住宅の設計ではコスト面から地盤調査を行わずに過去データに頼る場合があります。この過去の調査資料を調べて地盤が弱いことが確認されたなら、迷わず地盤改良や杭基礎とすればよいのですが、悩むのは高いN値を示している場合です。たまたま、高い強度を示しただけの可能性もありますし、もし1か所だけしか調査資料がなかったらなおさら心配です。最近は、そういった不安を解消するために現地で地盤の耐力を確認する平板載荷試験を行います。平板載荷試験とは、地盤に直接機器を設置して、錘を載せます。この時の沈下量を計測することで設計で必要だった所定の地盤耐力を計測します。簡易な計測のため、費用も安く済みます。また、耐力が出ないときには地盤改良を行う必要があります。